定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  医療 平成20年7月号  
結石について  大田区/65歳男性

 だいぶ前になりますが、尿管結石を患ったことがあります。それ以来、時々背中(腎臓のあたり)に鈍い痛みを感じるようになりました。何か結石と関係があるのでしょうか。再発するのではないかと心配です。また、結石にならないためには、何に気をつけたらよいのでしょうか。何でもけっこうですので教えてください。


 尿路結石は40〜50歳代の男性に多く(女性の2倍以上)、側腹部から下腹部にかけての疼痛(とうつう)や血尿を主症状として発見されますが自覚症状のないことも多く、まれに尿路閉塞(へいそく)や腎機能障害を呈することもあります。尿路結石は、尿に溶けているミネラル物質が結晶化してでき、結石の場所により腎臓結石、尿管結石、膀胱(ぼうこう)結石あるいは尿道結石と分類されます。そのうち腎臓結石、尿管結石が大半を占め、膀胱結石、尿道結石は5%ほどです。

 原因は高カルシウム血症、尿路感染症、尿路通過障害(尿管狭窄=きょうさく、前立腺肥大など)、尿酸代謝異常(痛風など)がわかっていますが、まだ明らかでない点も多く偏食、カロリー過多など食生活習慣も大きく関与しているようです。

 治療は結石による疼痛に対しては鎮痛薬、鎮痙(けい)薬を使います。結石が小さい(約9×6センチ以下)ものは、自然排石が期待できるので大量の飲水や輸液、そして適度の運動をすすめます。一方、結石が大きい場合、結石による尿路閉塞、腎機能障害がみられ持続する場合は、体外衝撃波結石破砕術、内視鏡的砕石術や手術が必要になります。

 再発予防としては、水分を十分にとって尿量を増やし結石の排出を促すこと(ただしコーヒー、紅茶の多量摂取やプリン体、シュウ酸を多く含むビールは控えること)、脱水にならないことが大切です。適度な運動も再発予防には有効です。バランスのよい食生活(脂肪と動物性タンパク質を控えるなど)にも心掛けてください。また、高尿酸血症によりおこる尿酸結石では、尿をアルカリ性に保つことも大切です。


東京慈恵会医科大学内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌内科 蔵田英明

ポイントページの先頭へ
相談
→ 介護
最新号
令和3年過去の記事一覧
令和2年過去の記事一覧
令和元年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
法律
最新号
令和3年過去の記事一覧
令和2年過去の記事一覧
令和元年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
医療
最新号
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.