定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  東京版 平成28年5月下旬号  
「自分を俯瞰する」  女優・樹木希林さん

日頃から「断捨離」を実践している樹木さん。取材中も着ていた服をその場で脱いでスタッフに気前よくプレゼント。「あの服が好きだって言うからもらってもらったの。物が一つ減っていくたびに、スキッとするのよ」と満面の笑みを見せた
出演作「海よりもまだ深く」公開
 映画「誰も知らない」でカンヌ国際映画祭を沸かせた是枝裕和監督の新作「海よりもまだ深く」が公開中だ。同作に出演した樹木希林さん(73)。中年になっても定職に就かない、いわゆる“ダメ男”の息子の世話をする母親を軽妙に演じた。小説家になるという夢をあきらめきれず、その一方で愛想を尽かされた妻にまだ未練たらたらの息子を演じるのは阿部寛。映画の中では「幸せは、何かをあきらめないと手にできないのか」が問われているが、樹木さん自身は「あきらめる、というよりも俯瞰(ふかん)すればいい」と話す。

 11歳の真悟と元妻の響子、そして自称・作家で現実は興信所のアルバイトで何とか食いつないでいる真悟の父親の良多。彼らは普段離れて暮らしているが台風の夜、良多の母・淑子の住む団地に泊まることになった。たわいない会話の流れで、真悟は父に尋ねる。「パパはなりたいものになれた?」。一瞬、答えにつまる良多。映画「海よりもまだ深く」は、そんな“夢見た未来と違う今を生きる”大人を描いたホームドラマだ。

 樹木さんは「一族に1人や2人はこういう息子(良多)みたいな人がいるのよね。一族の垢(あか)を背負っちゃうの」と、独自の見解を示す。

 樹木さん自身の実生活では、歌手の内田裕也との間に生まれた一人娘(女優の内田也哉子)がいることは周知の通り。

 「子どもがいるのといないのとでは、人生が違うだろうなと思います。私は産んで良かったけれど、現実にこういう息子がいたら苦しくなっちゃうでしょうね。でも母親なら『誰が何て言ったってうちの子はかわいい、悪いのは父親の血筋(笑)、もしくは嫁の辛抱が足らないからで、本当は出来がいいの』と思いたいわよね(笑)」

 主人公・良多のように、時代の波に乗れず不器用に生きる人は一定数いる。樹木さんは「みんな自分に期待し過ぎるのよ」と優しく叱る。

無欲で50年以上
 「私なんて子どものころは運動会ではいつもビリだし、何をやっても人と同じにできなかったから、夢なんか見なかった。女優になったのも夢がかなったとかじゃないの。常に自分に期待しないから、夢がかなわないなんてこともなかったわね」

 “期待しない、結果を求めない”でやってきた女優歴は50年を超す。「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」といったテレビドラマや若手スターと共演したコミカルなCMなどでお茶の間に知られるようになり、以後、芸能界に無くてはならない存在に。最近では映画「わが母の記」「あん」などの話題作に出演。紫綬褒章、旭日小綬章も受章した。しかし樹木さんは、「演じることには無欲なの」と語る。

 「チョイ役の方が好き。いい役がほしいとか、賞を取らなくちゃ、なんていうことは考えられないわね」と続けた後、「本当は考えなくちゃいけないんだわねぇ」と笑う。

 仕事でも私生活でも意識しているのは「俯瞰」。自分の演技や、置かれている状況に陶酔することなく、少し離れた位置から客観的に見るようにしている。映画の中では「幸せは、何かをあきらめないと手にできないのよ」と息子を諭すシーンがあるが、樹木さん自身は「あきらめる、というよりも俯瞰すればいいのよ」と言う。そうすれば、執着していたことから少し距離を置くことができるからだ。

 「この映画でいうと、良多も最後にちょっとだけ自分の姿を俯瞰することができたんじゃない? そこで今まで気付かなかったものが見えたときに、望みが生まれたんじゃないかな。いつまでも泥の中をあっぷあっぷしているのは、つらいからね」

普通の生活送る
 本作の撮影は、是枝監督が20代まで住んでいたという清瀬市の団地で行われた。かつては若い家族でにぎわっていたが今は高齢化が進み、首都圏とは思えない静けさと昭和の雰囲気が残る。全身にがんを患う樹木さんは、「エレベーターがないから、息が切れて大変だった。がんよりこっちの方が大変よ」とぼやく。

 10年前に乳がんが分かった時は手術を受けたが、現在は放射線治療を定期的に行うのみで普通の生活を送っている。薬も飲まず、長生きも望んでいない。「寿命が尽きたら“ありがとうございます”と言って去りたい」と穏やかに語る。

 「もしもの時も、延命治療だけはやめてもらいたいと思っているの。周囲にもちゃんと言ってあります。大丈夫よ、うちには『おくりびと』(娘婿の本木雅弘が主演した映画のタイトル)がいるから(笑)」


©2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ
「海よりもまだ深く」 日本映画
 笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男・良多は、元妻の響子に恋人ができたことにショックを受け、息子との月に一度の面会日に頼みの綱である母のもとに出向く。すると台風が来て良多たちは翌朝まで帰れなくなってしまい…。

 監督:是枝裕和、出演:阿部寛、真木よう子、小林聡美、樹木希林。117分。  新宿ピカデリー(Tel.03・5367・1144)ほかで上映中。

ポイントページの先頭へ
東京版
最新号
→ 令和3年過去の記事一覧
→ 令和2年過去の記事一覧
→ 令和元年過去の記事一覧
→ 平成31年過去の記事一覧
→ 平成30年過去の記事一覧
→ 平成29年過去の記事一覧
→ 平成28年過去の記事一覧
→ 平成27年過去の記事一覧
→ 平成26年過去の記事一覧
→ 平成25年過去の記事一覧
→ 平成24年過去の記事一覧
→ 平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.