定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  東京版 平成28年3月上旬号  
「俳優は生き方が問われる」  俳優・大杉漣さん

眼鏡やサングラスは大杉さんのトレードマーク。映画「蜜のあわれ」でも、老作家が掛ける眼鏡を自身で探したほど思い入れがある。「昭和のテイストが出るように、店長さんとあれこれ打ち合わせて調整していただいたんですよ」
室生犀星の小説映画化「蜜のあわれ」で老作家役
 ある時は裏社会の人間、またある時は一流企業の社員、そして自分を鳥と思い込んでいる男…。「300の顔を持つ」とまでいわれるほど、これまでさまざまな役を演じてきた俳優の大杉漣(れん)さん(64)。北野武、新藤兼人、黒沢清など、名だたる映画監督と仕事をしてきた。60歳を過ぎても出演ペースは衰えず、4月には室生犀星(さいせい)の晩年の作品を映画化した「蜜のあわれ」に老作家役で出演する。「俳優は、どうやって生きているのかが問われている仕事だと思うんです。世の中が与えてくれるものに慣れ過ぎず、自分で探し問い続ける、その姿勢を忘れずにいたいですね」と話す。

 「蜜のあわれ」では、少女になった金魚と恋をする老作家を演じた大杉さん。小悪魔的な魅力を振りまく金魚の少女役の二階堂ふみさんと共に、耽美(たんび)で摩訶(まか)不思議な世界を表現した。映画は室生犀星による同名の作品をベースに作られたもの。犀星の文学的理解者であり、憧れの存在でもあった芥川龍之介も登場する。犀星の故郷である石川県金沢市をはじめ、全シーンを北陸で撮影した。

 「主人公の老作家は犀星さんが自分自身を投影したと推測されるキャラクターです。映画では作家の妄想を描いていて、ある意味哀れでもあるけれど、チャーミングでもある。そんなおかしみが伝わればうれしいですね」と大杉さんは話す。

 自宅で飼っている犬の「風(ふう)」ちゃんと猫の「寅(とら)」ちゃんを溺愛している大杉さんだけに、金魚の恋人を持つ役柄には抵抗がなかったとか。「もしトラちゃんが人間になったら、結婚します(笑)」とにやり。

“現場もん”の闘い
 スタッフみんなで作品を作る撮影現場をこよなく愛する大杉さんは、そんな自身を“現場もん(者)と呼ぶ。撮影は「日々、闘い」だそうだ。「作品や監督によって演出もアプローチの仕方も違いますし、そもそも、ものづくりってルールがない。言葉と闘い、自分と闘い、闘い続けないと成立しない仕事。また、生き方が問われる仕事でもありますね。常に“ING”(進行形)でいること、フットワークを軽くすることも大事です」

 30代後半までは舞台が中心で、「映像の世界は遠いものだった」と振り返る。所属していた劇団が解散して以降、北野武監督の「ソナチネ」への出演を皮切りに、テレビや映画を問わず数え切れないほどの映像作品に出演してきた。しかし、俳優としての姿勢には特に大きな変化はない。

 「若い時と比べてフィールドは変わったけれど、演じるということは一緒ですね。僕はサッカーが大好きなんですけど、サッカーで例えるなら芝生でしかできないんじゃなくて、どんな所ででもできる気持ちでいたい。石ころがあっても普通の土の上でも、フィールドがない所でもやりたい。同じように仕事もここでしかやらない、ということはないです。それが、“大杉漣的俳優”の在り方かもしれないですね」

年齢は意識しない
 俳優としても人間としても、「こうあらねばならぬ」という縛りは設けていない。年齢的なこともことさら意識しない。映画で演じた「老いのおかしみ、恐れ」も、特に感じないという。「自分で自分のことをどう考えるかが大事であって、年だからとか関係ない。人それぞれでいい」と言う。怖いのは「ノウハウに慣れてしまうこと」だ。

 「今の世の中、与えられていることに慣れ過ぎてしまうことがありますね。受け入れることも大事だけど、自分の過ごし方は自分で選びたいし、見つけたい。そして出合っちゃったものは、楽しみたい。俳優もそうだし、サッカーも下手なんですけど40年以上やってもまだ楽しいんです。楽しみには苦しみも伴いますが、それを乗り越えるのがまた楽しいんです」


©2015『蜜のあわれ』製作委員会
「蜜のあわれ」 日本映画
 原作:室生犀星「蜜のあわれ」、監督:石井岳龍、出演:二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子ほか。110分。

 4月1日(金)から新宿バルト9(Tel.03・5369・4955)ほかで上映。

ポイントページの先頭へ
東京版
最新号
→ 令和3年過去の記事一覧
→ 令和2年過去の記事一覧
→ 令和元年過去の記事一覧
→ 平成31年過去の記事一覧
→ 平成30年過去の記事一覧
→ 平成29年過去の記事一覧
→ 平成28年過去の記事一覧
→ 平成27年過去の記事一覧
→ 平成26年過去の記事一覧
→ 平成25年過去の記事一覧
→ 平成24年過去の記事一覧
→ 平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.