定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  東京版 平成26年5月上旬号  
ジャズで聴かせるドボルザーク「新世界」  作・編曲家でトロンボーン奏者の松本治さん

松本さんは自分たちの音楽を“和風”と言い表す。「西洋音楽の中に、日本文化、日本人の感性が息づき、それが熟してきた気がする。邦楽器を使わなくても、日本独自の西洋音楽になっているという確信がある」
 クラシックの名曲をジャズのビッグバンドで—。作曲・編曲家でトロンボーン奏者としても活躍する松本治(おさむ)さん(57)がドボルザークの交響曲「新世界より」の編曲に挑んでいる。この夏、ジャズ・ピアニストの山下洋輔率いる「スペシャル・ビッグバンド」が演奏する“新作”。バンドの一員でもある松本さんは意気込みを語る。「原曲の良さを損なわずに、遊び心をたっぷりと…。ジャズの名曲も織り込みます」

山下洋輔スペシャル・ビッグバンド、7月に公演
 「ラプソディ・イン・ブルー」「ボレロ」、そして「展覧会の絵」…。「山下洋輔スペシャル・ビッグバンド」は2006年から、広く愛される名曲の「ビッグバンド・バージョン」を発表してきた。編曲は松本さんだが、「山下さんと一緒に生み出している感覚」。譜面にあえて解釈の余地を残し、山下や他の演奏家の独創性を引き出してきた。トランペットにサクソホン、ベース、ピアノ、ドラムスなどの16人編成。ビッグバンドを「ジャズの華であり神髄」と話す山下の盟友として、自らトロンボーンを吹きタクトも振る。

作曲・編曲は独学
 大阪府東大阪市に生まれた松本さんは、東京の音楽大を中退した20歳過ぎから、「原信夫とシャープスアンドフラッツ」など、日本ジャズ史を飾るビッグバンドでトロンボーンを担当した。当時はジャズの専門書が少なかったこともあり、20代後半で始めた作曲・編曲は「ほぼ独学」。レコードを聴いて楽譜と照らし合わせるなどして、音の構成を分析した。

 即興演奏などの自由さがジャズの魅力といわれるが、「アドリブの裏付けになる理論は大切」。20年前、洗足学園(神奈川県川崎市)に講師として迎えられ、今も同学園音楽大で指導に当たる。同大ジャズコース代表・客員教授だった山下とは“あうんの呼吸”だ。山下の構成力、統率力に敬意を抱く松本さんは、「山下さんの音楽はいつも僕のイメージを超えてくる」。組曲「展覧会の絵」(ムソルグスキー作曲)など、これまでのビッグバンド向け編曲作品は「原曲の本質をつかんだ上で、ジャズの楽しさをミックスしている」と多くの聴衆を興奮させた。

大作2本立て
 7月、都内で開催されるコンサートを控え、世界三大交響曲の一つに挙げられる「新世界より」編曲の仕上げに入っている。ドボルザークが故郷ボヘミア(チェコ)への郷愁を込め“新世界アメリカ”滞在中に制作した傑作に、「ジャズの名曲をぶち込んじゃいました(笑)」。高揚感のあるメロディーの“裏”でジャズを奏で、比較的静かな時にジャズを響かせる。最上のエンターテインメントを目指す一方、芸術性の追究も怠りない。「原曲との聴き比べも楽しいはず」

 演奏家のアドリブソロもふんだんに盛り込むため、「時間は『新世界より』だけで50分を超えるかも」。おととし初演の「展覧会の絵」との“大作2本立て”という異例の構成も話題だ。現在72歳の山下の心身の充実を知るだけに、「今回も豪華で厚みがあって躍動感もある音楽を堪能していただけること請け合いです」。

海外公演にも意欲
 松本さんは20代の時、欧米でクラシックやジャズの演奏に接し、「彼らの音楽には遠く及ばないと衝撃を受けた」。演奏技術には自信があっただけに、「及ばない理由さえ分からず一時は楽器を吹く気もうせた」と回想する。敗北感を糧に勉強を重ねた末、「ようやく音楽の本質に出合えた」。音楽論をよどみなく語る。「単に譜面通りにやればいいものではない。微妙な音の揺らぎやずれを作り、演奏に奥行きを与えることもできる」

 現在、「僕たちの演奏は欧米の一流のアーティストにも引けを取らない」と自負し、海外公演の実現にも意欲を見せる。さらに「新世界より」の“次”にも目を向ける。「編曲したい名曲は、まだまだあります」


山下洋輔スペシャル・ビッグバンド
♪山下洋輔スペシャル・ビッグバンドコンサート2014
 7月17日(木)午後7時開演、Bunkamuraオーチャードホール(JR渋谷駅徒歩7分)で。

 ムソルグスキー「展覧会の絵」(編曲:松本治)、ドボルザーク「新世界より」(同)を演奏。

 全席指定前売りS席7000円(当日7500円)、同A席6000円(同6500円)。東京音協 Tel.03・5774・3030

ポイントページの先頭へ
東京版
最新号
→ 令和3年過去の記事一覧
→ 令和2年過去の記事一覧
→ 令和元年過去の記事一覧
→ 平成31年過去の記事一覧
→ 平成30年過去の記事一覧
→ 平成29年過去の記事一覧
→ 平成28年過去の記事一覧
→ 平成27年過去の記事一覧
→ 平成26年過去の記事一覧
→ 平成25年過去の記事一覧
→ 平成24年過去の記事一覧
→ 平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.