定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  ものしりミニ講座 令和3年7月上旬号  
「したたか」でも“おとぼけ”  ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンの雌。
左上は擬態しているとされる有毒のカバマダラ
 地球温暖化に伴い、チョウたちもそれまでの生息地から北上しています。その代表格として挙げられるのがツマグロヒョウモンです。1980年代までは近畿地方以西にいたとされますが、冷涼な長野県で私が確認したのは98年でした。それから今となっては、東京の街中で最も普通に見られるチョウの一種となってしまいました。

 ツマグロヒョウモンの属するヒョウモンチョウの仲間の幼虫はスミレ科を食草(昆虫が餌とする特定の植物)としていますが、ツマグロヒョウモンはパンジーやビオラなどの園芸種が好物。なので、したたかにも生花店などの流通網に乗ってほかの北上種より速い速度で北上を成し遂げたようです。

 ヒョウモンチョウの仲間は国内に十数種おり、ほとんどがヒョウ柄ですが、ツマグロヒョウモンの雌のみ前翅(ぜんし=前の羽)の褄(つま=裾の左右両端)が黒く、主に南西諸島以南に生息する有毒のカバマダラというマダラチョウに擬態しているといわれてます。ヒョウモンチョウの仲間は冷涼な地域に生息しているものが多い中、ツマグロヒョウモンのみ亜熱帯に生息するように進化、さらに有毒種を偽って繁栄したのですからその適応能力には恐れ入ります。

 ただ、東京あたりでいるはずのないカバマダラを装って、ゆったりと飛ぶ姿は、私から見るととぼけていてつい笑ってしまいます。有毒のマダラチョウは皆それを誇示するがごとく悠々と飛びますが、東京でそれを真似してもカバマダラなど知らない天敵たちの格好の的となるだけです。それでも東京で減る傾向にないのは、逆に南の島での擬態の効果がいかほどのものだったか、疑ってしまいますね。

《NPO自然環境復元協会顧問 小口深志》

◆ 身近な虫たちの驚異の世界 ◆
 14日(水)午後2時〜5時、豊島区イケビズ(としま産業振興プラザ、JR池袋駅徒歩7分)第1会議室で。

 約4億年前に陸上に姿を現し、以来驚異の環境適応能力を発揮し千変万化の驚くべき生態を見せている昆虫の驚異の世界を学ぶ。

  参加費2000円(お茶代込み)。問い合わせはアストライアの会・松原 Tel.049・258・3218

ポイントページの先頭へ
学ぶ
ものしりミニ講座
最新号
令和4年過去の記事一覧
令和3年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.