定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  ものしりミニ講座 平成28年6月上旬号  
“黒白逆転”の時期も  ピアノの鍵盤

黒白逆転鍵盤のアントン・ワルター(オーストリア ウィーン製 1795年)ほか貴重なピアノがずらり
 どの楽器よりも多くの音階を表現でき、音の強弱などの操作も自由自在。さらに独奏も合奏もできるピアノはまさに“楽器の王様”。

 そのピアノの鍵盤を思い浮かべてみてください。基本の音を出す白鍵が並ぶ中に、半音を出す小さな黒鍵が挟まれています。この鍵盤配置の基本は、ピアノ誕生時も現在も変わりません。

 しかし一時期、モーツァルト(1756〜91)やベートーベン(1770〜1827)が活躍していたころ、大きい黒鍵に小さな白鍵が挟まれた、今と逆の色の黒白逆転鍵盤がはやったのをご存じでしょうか?

 ピアノが誕生したのは1700年前後のイタリア・フィレンツェ。芸術家のパトロンとして有名なメディチ家の宮廷内で発明されたといわれています。

 ピアノは誕生当時、貴族や富豪しか所有できないステータスシンボルでした。持ち主たちは己を飾りたてるため、ピアノの外観を彫刻や彫金などでデコレーション。さらに鍵盤も白鍵が象牙、黒鍵は黒檀(こくたん)を使用といった具合でした。

 その贅沢(ぜいたく)競争に疲れが見え始めたとき、黒白逆転鍵盤が流行したのではといわれています。より高価な象牙を少しでも節約するためです。何だか世知辛い話ですね。

 ただし、これは有力な一説にすぎません。ほかにも、演奏する女性の白い指を引き立たせるためというロマンチックな説のほか、さまざまな説があり、いまだ真相ははっきりしていません。

 ただ、モーツァルトやベートーベンが、シックな真っ黒い鍵盤で作曲・演奏していたと想像すると、おなじみの名曲もちょっと違って聞こえませんか。

《民音音楽博物館館長・上妻重之》

◆古典ピアノ展示◆
 民音音楽博物館(JR信濃町駅徒歩5分)の常設展示施設・古典ピアノ室には、ピアノ誕生時から現在まで、それぞれの時代を象徴する貴重な古典ピアノ8台を演奏できる状態で保存・展示。スタッフによる解説・演奏も行われる。
 入館無料。Tel.03・5362・3555

ポイントページの先頭へ
学ぶ
ものしりミニ講座
最新号
令和4年過去の記事一覧
令和3年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.