定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  ものしりミニ講座 平成28年3月上旬号  
先人の知恵が結集  家相
 「家を建てたい」「リフォームしよう」…。そんな時、何となく気になるのが“家相”です。「鬼門のトイレは不時の災難が続く」とか「裏鬼門に玄関があると主人が早死にする」などと占いのようなことを聞くと不安になります。そもそも家相とは何なのか、建築会社の立場から述べてみたいと思います。

 近年、ヒートショックという言葉をよく聞きます。居間などの暖かいところから、急にトイレなど寒いところに行って倒れたりする不幸な事故のことです。家づくりにおいて、こんな不運を避けるための道しるべが家相だと、私は考えています。

 例えば、鬼門といわれる北東の方角、北風がピューピュー吹き付ける暗く冷たい場所にトイレがあったらどうでしょうか。ヒートショックを起こす確率が上がるのではないでしょうか。

 また、逆に南西の方角(裏鬼門)にトイレやキッチンがあったらどうでしょうか。夏場を想像すると分かりますが、一番暑い南西に水まわりがあると、食料が腐りやすかったり、トイレの臭いがこもったりと、衛生的にあまり良くありません。冷蔵庫などなく、トイレもくみ取り式だった昔なら、なおさらその影響は大きかったでしょう。このように、長い歴史の中で先人たちが経験から得てきた知恵を分かりやすく伝えたものが家相なのです。

 私たち建築会社は住宅の設計をする時、ゾーニング(さまざまな配置)を計画します。その際には裏鬼門にキッチンやトイレを配置することはまずありません。どうしても配置せざるを得ない場合でも断熱性などさまざまな配慮を行います。それだけ間取りの良しあしが重要だと、先人たちから受け継いでいるのです。

《(株)ひまわりほーむ 代表取締役社長 加葉田和夫》
フリーダイヤル 0120・79・8100  http://www.e-himawari.co.jp/

ポイントページの先頭へ
学ぶ
ものしりミニ講座
最新号
令和4年過去の記事一覧
令和3年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.