定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  ものしりミニ講座 平成25年11月上旬号  
何十本も見て品定め  映画の買い付け

「いとしきエブリデイ」
©7 DAYS FILMS LIMITED 2012.
ALL RIGHTS RESERVED.
 「宝石を見つけた!」。これは、映画祭で素晴らしい作品に出合えた時の私の口癖です。

 カンヌ、ベルリンなど、映画愛好家でなくてもよく知られている国際映画祭は数多くありますが、今回はその裏側をちょっと紹介しましょう。

 映画祭は通常、約10日間と長丁場。私たち映画配給会社の人間は、その間、上映される作品を何十本と見て買い付けする映画を探します。上映は朝の8時半から時には深夜にまで及ぶことも。どれももちろんまだ日本語に翻訳されていませんから、英語の字幕とにらめっこ。かなりの集中力が必要です。1日に5本ほど見ますので、後半は若干ばて気味なこともあります。

 数人で手分けして見て、夜はミーティング。時には熱く意見を戦わせます。買いたい作品に的を絞ったら、その作品を扱うエージェントにあいさつし、条件交渉へ。人気作には当然ライバルも多いのでその時は神経を使いますが、そうでない時はがぜん強気です。そういったことを一通り済ませ帰国の途に就く、という流れです。

 映画祭にも活気の波があり、最近はカナダのトロント映画祭と、韓国の釜山映画祭が注目されています。

 11月から弊社が配給する「いとしきエブリデイ」は、昨年、トロント映画祭で出合った魅力的な作品で、何気ない毎日の繰り返しの中にある悲しみの自浄作用が描かれています。

 私の経験上、配給作品との出合いは“ご縁”です。大手の配給会社でしたら、ハリウッドの未完成作品を出演者の名前で判断して買う、または予告編だけ見て買うということもありますが、もちろん値段もけた違いですし、弊社のような小規模の配給会社では、あまりこういったことはしません。でも絶対に出合えると信じてじっと我慢していると、“映画の神様”がこれぞという作品に出合わせてくれる。そんな気がしてなりません。

《(株)クレストインターナショナル 社長・渡辺恵美子》

「いとしきエブリデイ」  イギリス映画
 監督:マイケル・ウィンターボトム。イギリス映画、90分。
 9日(土)からヒューマントラストシネマ有楽町(Tel.03・6259・8608)で上映。

ポイントページの先頭へ
学ぶ
ものしりミニ講座
最新号
令和3年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.