定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  ものしりミニ講座 平成25年7月下旬号  
“フランスの裕次郎”  クロード・フランソワ

© Tibo & Anouchka
 1960〜70年代のフランスでずっとスターであり続けた歌手がいます。彼の名はクロード・フランソワ。日本では無名ですが、フランク・シナトラの名曲「マイ・ウェイ」を作った人で、本国での人気と実力は日本でいえば石原裕次郎さん並み。しかもクロードは歌手活動だけでなく世界で初めてファンクラブを作ったり、出版社、モデルクラブなども手掛けた実業家でもありました。若い時はヒット曲「夢見るシャンソン人形」で知られる女性歌手、フランス・ギャルの恋人だったこともあります。

 クロードは、フランスのテレビで初めて黒人ダンサーを従えてパフォーマンスをした人でもあります。これは当時、かなりセンセーショナルなことでした。また珍しいことに、彼は酒にもドラッグにも無縁。ストイックな人だったようです。

 しかし、クロードは39歳で死去しました。その短くも激しく輝いた人生を描いた映画「最後のマイ・ウェイ」が20日から公開されます。クロードを演じた主演のジェレミー・レニエは、5カ月間ダンスと歌の特訓を、さらに毎日腹筋を1200回こなし、クロードになり切ったそうです。

 この映画は、1人の少年の人生の物語でもあります。仕事に生き、成功とともに車を買い替え、たび重なるピンチにも動じず、ついに父親との葛藤を乗り越える…。高度成長期を生き抜かれた男性ならきっと共感されるのではないでしょうか。

 「最後のマイ・ウェイ」は、シニア世代に十分に楽しんでいただける映画です。この映画でクロード・フランソワのことを知っていただければ、と思います。

《角川メディアハウス映画事業部スーパーバイザー・佐藤仁美》

「最後のマイ・ウェイ」  フランス映画
 監督:フローラン=エミリオ・シリ、出演:ジェレミー・レニエ、ブノワ・マジメルほか。149分。
 20日(土)からBunkamuraル・シネマ(TEL.03・3477・9264)で上映。

ポイントページの先頭へ
学ぶ
ものしりミニ講座
最新号
令和3年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.