定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  ものしりミニ講座 平成20年11月下旬号  
大 奥  東京学芸大学教授・NHK大河ドラマ「篤姫」時代考証担当/大石学
 大奥の起源については不明なことが多いが、3代将軍の徳川家光の時代に、江戸城の整備拡大の普請が完了していることから、このころまでには大奥が成立したと考えられている。

 江戸城は、現在の東京駅の西側にあたる地域に展開していた。将軍の居城である本丸は、表、中奥、大奥の3つのエリアに大別される。

 このうち、表は儀式・儀礼や政務を行う公的な場、いわば官庁である。中奥は将軍が政務を行うとともに、日常生活を送る場。大奥は御台所や側室たちが日常生活を送る場である。この3区域のうち、大奥だけが完全に分離されており、将軍は御鈴廊下を渡って大奥に入った。御鈴廊下の鍵は厳重に管理されていた。

 大奥を描いたドラマや映画などでは、「上様のお成り〜」という声とともに、御鈴廊下の扉が開いて、女性たちがずらりと並んで迎える場面が知られているが、実際にこうしていたかどうかは不明である。

 篤姫が輿(こし)入れする直前の1845(弘化2)年の記録によると、本丸御殿全体の建坪は1万1373坪、そのうち大奥は6318坪であるので、本丸御殿の半分以上を大奥が占めていたことになる。

 大奥の女性の人数は、1863(文久3)年当時、天璋院付、和宮付、本寿院(13代将軍家定の生母)付が計216人、さらに御使番や御半下などを加えると、約1000人の女性が生活していた。大奥の面積が広いのは、これら女性たちの生活の場だったからである。


「千代田之大奥婚礼」作者/画 橋本周延

【江戸学入門講座】
 2009年1月10日、2月7日、3月7日の各土曜日、JTBカルチャーサロン新宿教室(JR新宿駅徒歩7分)で、「篤姫と和宮が生きた〜大奥〜」をテーマに開催。
 受講料は一般1万1025円(3回分、会員割引あり)。講師はNHK大河ドラマ「篤姫」や土曜時代劇などの時代考証担当・大石学氏。
 問い合わせは同サロンTEL:03-5324-7557

ポイントページの先頭へ
学ぶ
ものしりミニ講座
最新号
令和3年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.