定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  ものしりミニ講座 平成20年3月下旬号  
紫外線  株式会社ドクターベルツ 社長/石渡悦堯
 
 太陽からはさまざまな波長の光線が放射され、地球上に降り注いでいます。その中に見ることのできる光線・可視光線があり、これを長い波長から短い波長に分けると赤、橙(だいだい)、黄、緑、青、藍(あい)、紫の7色に分類されます。赤より少し波長が長くなった領域を赤から外れた光「赤外線」といい、紫から少し波長の短くなった領域、つまり紫の外にある光線ということから「紫外線」という名称がつけられました(図参照)。

 紫外線の有用性としては、骨をつくるために必要なビタミンDを作る働きがあり、昔から骨を丈夫にするため日光浴が勧められてきました。しかし、現在では日光浴をしなくても日常の生活で適度に紫外線に接するだけでよいとされ、むしろ紫外線の有害性が大きな関心事となっています。

 紫外線は波長によって、A(UV-A)、B(UV-B)、C(UV-C)の3つに分けられます。波長の短いC領域紫外線UV-Cは、空気中の酸素やオゾン層で遮られて地表には届きませんが、環境破壊によってオゾン層の減少が続けばやがて地表に届き、がんなどの健康被害が懸念されます。中波長UV-Bは、皮膚や目に有害で浴びすぎると赤くなり、炎症、やけど(日焼け)を起こしたり、さらにシワの形成を助長させるなど皮膚老化の原因になります。長波長のUV-Aは、UV-Bのように炎症を起こしたりしないので一見安全なように感じますが、波長が長い分皮膚深部まで浸透し、健康被害はもちろん、肌のハリ・弾力を保つコラーゲン、エラスチンを破壊してシワやタルミの原因となります。

 ちなみにUV-Bは炎症、やけどを生じた後に皮膚を黒くしますが(サンバーン)、UV-Aは炎症を起こさず自然と黒くなります(サンタン)。夏はUV-Bが多く、冬はUV-Aが多いため、スキーに行くと炎症を起こさず黒くなるのもこのためです。

ポイントページの先頭へ
学ぶ
ものしりミニ講座
最新号
令和3年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.