定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  ものしりミニ講座 平成20年1月下旬号  
爪弾き  国立歴史民俗博物館/常光徹

弾指(たんじ)の図=阿彌陀三尊圖會(あみださんぞんずえ)、国立歴史民俗博物館所蔵
 
 爪弾き(つまはじき)にされるといえば、仲間外れにされるとか排斥されるという意味です。しばしば使われる言葉ですが、実際に爪弾きのしぐさを見かけることはほとんどありません。ただ、かつては日常生活の中に広く浸透していたようです。

 紀貫之の「土佐日記」には、935(承平5)年1月27日の記事に「日一日(ひひとひ)、風止まず。つまはじきして寝ぬ」と見えています。任国の土佐より帰京の途、海が荒れて一日中風がやまず船をとどめたまま過ごしたときに、縁起直しにしたのでしょう。

  爪弾きは「源氏物語」や「大鏡」「平家物語」などにも出ています。爪弾きを行う意味は、その場の経緯や状況によって一様ではありませんが、大きくまとめれば、非難や嫌悪の感情を表すとか、排斥や災厄の除去といってよいでしょう。

 爪弾きの具体的な指の動きについては必ずしも明らかではありません。多くみられる解説は、人さし指か中指の先を親指の腹に当てて弾くというものですが、密教の弾指(たんじ)に由来するとの説もあります。そのやり方は、図のように人さし指から小指までを握り、その上を親指で強く押え、人差し指をはじき出すと親指の腹が中指の側面を打って音をたてます。

2月11日(月・祝)まで国立歴史民俗博物館(JR佐倉駅からバス15分)で、企画展示「新収資料の公開」が開催中。問い合わせはTEL043-486-0123


ポイントページの先頭へ
学ぶ
ものしりミニ講座
最新号
令和3年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.