定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  健康レシピ 令和4年2月上旬号  
鶏つくねのシイタケ蒸し  1人分:216キロカロリー、塩分0.8グラム
鶏つくねのシイタケ蒸し
 このごろ、スーパーなどで下ごしらえがされている食材が目につくようになりました。齢(よわい)を重ねていくと、下ごしらえがおっくうになることがよくあります。そこで下ごしらえされている食材をうまく使えば、食卓のマンネリ化を防ぐことができます。冬になると鍋物の具材として「生つみれ(生つくね)」が売られています。鍋の具材として使うのが普通ですが、一工夫して、例えばシイタケに付けて、蒸したり、フライパンで焼いたり、天ぷらやフライにすると料理にバリエーションが生まれます。また、電子レンジの調理方法は、食品中の水の分子を摩擦させることによって熱を作り、食品を加熱します。そのため、料理の水分が蒸発するので、ラップなどをしてそれを防ぐか、水分を少し補う必要があります。

※献立のヒント
 かす汁、セリのナムル

(女子栄養大学生涯学習講師 大石みどり)

《材料》2人分
生つくね150g、シイタケ8枚、片栗粉適量、酒小2、好みで、ポン酢適量
《作り方》
シイタケは軸を取る。
シイタケの傘の内側に薄く片栗粉を付け、生つくねをのせて、つくねの面の凸凹をなくす。
つくねの面に薄く片栗粉を付ける。
③ を、シイタケを下にして皿に並べて、上面に酒をふる。
ラップをして、電子レンジ(600ワット)で3分ほど加熱する。
熱いうちに好みでポン酢で食べる。

ポイントページの先頭へ
食
健康レシピ
最新号
令和5年過去の記事一覧
令和4年過去の記事一覧
令和3年過去の記事一覧
令和2年過去の記事一覧
令和元年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.